読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤甲羅な雑記

アニメ・マンガとかの記事を書く量産型無個性ブログです

2016年秋アニメを振り返ってみる

正直そんなにみていないので大量にアニメを見ているアニメオタク諸氏には物足りないかもしれませんがまあちょっくらくだらない話に付き合うくらいのおつもりで読んでいただければ幸いです。

 

そもそも今期なに見てましたっけ…と思うぐらいアニメ見ていないのでとりあえず思いつくままに書いてみると

 

オカルティック・ナイン

ガーリッシュナンバー

3月のライオン

鉄血のオルフェンズ

ハイキュー

ユーリ on ice

ユーフォニアム2

舟を編む

夏目友人帳 伍

ロストレージ WIXOSS

WWW.WORKING

刀剣乱舞 花丸

亜人

フリップフラッパーズ

 

 

書き出してみましたがうん、どれも面白い!という感じです。こんな感想じゃアレなんでとりあえず一言二言くらいはなんか言っていこうと思います。

 

オカルティック・ナイン

今期ひときわ異彩を放ちましたね。なお売上はぺーぺーの模様というのが非常に悲しい現実です。イベ券とかあったんじゃなかったっけ…大丈夫なのかな…。まあ今期っていうか今年どれも割りとヤバイですし円盤だけでなんとかするコンテンツビジネスも転換期なのかもしれませんね。

・ガーリッシュナンバー

渡航先生の経歴含めた作家性が非常によく出た作品だったな、という感じでしょうか。ヘイトを集めるキャラを主軸においた業界モノで主役は美少女とは中々に斬新で毎週楽しみでした。調理の仕方というより方向付けも非常によかった気がします。批判も多いですが娯楽作品としては非常に優等生だったと思います。まあこれも売上ペーペーでしたけどあんまり売上は考えられてない気もします。

3月のライオン

BUMP最高!やっぱり生き方を教えてくれるバンドは違います。アニメの内容もそんな感じだったと思います。原作に忠実とまでは言えませんがシャフトらしい心に訴える演出で原作の良さを引き出していったと思います。

鉄血のオルフェンズ

折角鉄華団が色々と安定したのに今度はあの二人破滅しそう…うーん暴走特急で突っ走るのはファーストシーズン譲りで先が読めませんね。2クール目でどうなるかが目が離せないです。

・ハイキュー

やっぱり腐女子向けは売れる…というか原作の良さを十二分に発揮していた感があります。田中一成さん死去は非常に残念ではありましたが、それでも作品の持つパワーは失われていなかったように感じます。いやー相変わらず先がわかってても見てしまう展開と映像美はスゴイですね。東京予選含め、4期が楽しみです。

・ユーリ on ice

色々と波乱を起こしたユーリ、しかしながら愛についてを意外と真正面かつ様々な面から描いており割りとシンプルだけど話としてはいい作品だったなという印象です。過剰なファンサービスというより公式で爆破が目立っていたようにも感じますがセールス的にはこれが正解なのかもしれませんね。基本的な質を高いレベルで維持しつつもファンサービスを怠らない、劇中キャラで表すならJJのような作品だったのではないかと思います。

ユーフォニアム2

劇場版に乞うご期待!いや普通に勝つと思ってたんですけどね…サクセスストーリーだと思っていたけどやっぱりそんなうまくいきませんね。まあ主題としてはそこじゃないようでよく考えりゃあの4人組のうち2人位完全に空気だったしあくまで4人組が活躍する話なのかもしれません。百合が全面的に押し出せされていたのはGOODでした。

舟を編む

まーたノイタミナのホモアニメ…かと思いきやわりとかっちりした業界モノでした。不器用な青年の辞書づくりと恋愛模様が非常に良かったと思います。出来が良かったので言うことがないのですが最初コミュ障が俺TUEEEするってなんかラノベ的だなとか思ったりもしました。しかしハーレムじゃないとこんなにスッキリするんですね。ラノベで一夫一妻制が成立するのはいつになるのでしょうか。

夏目友人帳 伍

いつもと変わりませんでしたね。友人帳の妖怪たちと触れ、優しい少年の緩やかな成長を緩やかに見守るいつもの優しい世界な夏目友人帳でした。この世界をいつまでも見ていたいと思わせる気持ちにさせる夏目ワールドは健在のようです。そういえばスタッフ製作が朱夏になってましたね。ブレインズから独立したみたいですが作画などは特に変化はなくて今後も心配はなさそうですね。

・ロストレージ WIXOSS

中村悠一の怪演が光っていたような気がします。いやもっと百合方面を見ろって言われる気もしますが、男が絡んだせいでそっちに集中できなくなってしまった…。前回のセレクターと地続きだったのは意外でした。完全新作に見せかけたけど実は続編でした、結構な人が騙されたんじゃないでしょうか。まあ内容はかつての友情を取り戻すお話って感じだったでしょうか。前作の岡田麿里チックな感触もあっていいアニメでした。

・WWW.WORKING

また中村悠一…まあ高津カリノな恋愛劇って感じでしたね。どこかシュールで重い設定で笑えるけど何故かリアルないつものやつですね。前作と比べてもだいぶパンチが効いていましたが面白さは健在でした。そこそこ売れるのも頷けます。ついでですけど僕は雨宮天が好みでした。

・刀剣乱舞 花丸

面白かったです。お話として最初は人気の清光の方が主役なのかなと思いましたが安定のほうがスポット当たりましたね。メインをしっかりしつつファンサービスも取っていく、腐女子向け作品ばかり売れて嘆かれる昨今ですが売れる背景には理由とスタッフ側の努力があると思います。まあマーケティング重視しすぎじゃない?と思うかもしれないですが結構腐女子作品も外してる場合もあるのでそれはそれなのです。

亜人

オリジナル展開でしたね。ポリピクも習慣でよくこんだけまークオリティだせるもんだなと毎週感心していました。中盤から終盤は怒涛の展開ラッシュで面白かったのですが結末はちょっと納得しかねました。結局佐藤生き残るんかい…。

・フリップフラッパーズ

人は何故魔法少女が好きなのか、今期だけで3つもあってもういいよ…感がありました。どれも鳴かず飛ばずだけどファンは多く見られたのでやっぱり人気ジャンルなんですね。雰囲気ですが90年台後半からゼロ年代前半の雰囲気があり、少し古めかしいオタクには特に人気な魔法少女モノって感じでした。まあ面白かったですし現代でのアタリ要素と昔のアタリ要素をうまく取り込んでいて新規性も高く、映像美も素晴らしかったですね。しかし悲しいかなニッチな要素に売れ筋要素ぶっこんでも結局はニッチな作品にしかならない…。

 

うーんこんなものでしょうか。なんか売上に関する話が多くて売り豚が書いたみたいなクソ記事になりましたね。まあ今後を憂いる身としては売れないとクリエイターも報われなく市場的な衰退は技術的な衰退に直結しますので書いてるだけなのです。じゃあお前が買えよとなりますが個人にも限界はあります。なので俺は買うからお前も買ってねの輪が広がっていけばいいなって思っています。アニメが無くなったら生活困んなくてもなんか困るでしょう?って思う人が増えれば良いのですけどね。

ちょっと話がそれましたが今期も概ね面白かったです。自分のアンテナに引っかかる作品ばっかり見ていましたが、それ以外でも結構好評なようで今後ともに明るい未来が見えそうですね。来期も色々と楽しみで期待が持てます。振り返ってみて希望が見えた、それだけでもいい気分になりますよね。