読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤甲羅な雑記

アニメ・マンガとかの記事を書く量産型無個性ブログです

FGO最終章が面白かったこと

我が偉業。我が理想、我が誕生の真意を知れ!称えるがいい。我が名はゲーティア。人理焼却式・魔神王ゲーティアである!

 

いや、ほんと素晴らしかったですね、FGO最終章。今までの冒険全ての集大成、今までの1年と2016年の締めを飾る時間的な集大成という側面もあり、全てにおいて完璧な終焉でした。いやもうこれ以上が考えられないって感じです。第二部どうするんでしょうね…。

 

思えばサービス初期の運営のクソッタレさから始まり、ガチャのゴミっ確率ぷり、サイレント修正メンテ延長は日常茶飯事など運営の怠慢を上げればキリがないゲームでプレイしているユーザーからも「Fateだからやってる」という意見が多々見られるなど色々とお粗末なところが見られるゲームでした。しかし終わってみれば終わりよければすべてよしと言った感じで多くのユーザーに見守られて愛された本当に良いゲームになりました。サービス初期からプレイしていましたが本当に良いゲームになったと思います。

 

そこで僕は少し考えてみました。なんでこのゲームは最初こんなに不人気だったのにここまで熱のあるコンテンツになったのか?余りFate自体に興味のない人でも初めている、声優でも実際のプレイヤーが多いなど様々な所で人気になっているのは何故か?ということをです。

まあ実際になんで人気が出たなんてよくわかんないですし僕ごときに正鵠を得るような解答を出せるわけではないのですが、妄想程度だと思ってお付き合いくださいませ。なぜFateが面白いのかというのに対して自分なりに解答…アンサーを出したいってのもあります。以前他の人に言われたときにちょっと答えられなくて悔しかったので…。

 

まず第一に考えられるのは様々な英雄を描く際に拾う設定の緻密さとそれに似合わぬ大胆なアレンジ…言うなれば型月ワールドへの取り込みと最適化でしょうか。アルトリアを始めとした各英霊からFGOのゲーティアやソロモンなどもそうなのですが、この最適化が非常に巧みなんですよね。逸話の印象から得られた人物像の描き方が非常に上手い、膨らませ方が上手いとも言うのかもしれません。また時代は違えども他の時代や土地の人物との絡みもよく出来ています。共通点があったり、キャラクターとして違和感がない。まあ単純に言えばキャラ立てが上手いってことだと思います。

またそれに付随してキャラクターの行動理念なども特筆すべき項目だと思います。ソロモンやゲーティアが今回は印象的だったかなと思います。逸話では理想の王であったが、それはただの王という装置的な存在。ソロモンが神から知恵を貰ったという逸話から、この解釈はさすが菌糸類だと思います。またゲーティアというかソロモン72柱も逸話では王であるソロモンに仕えていた悪魔(達?)であります。悪魔たちはずっと彼を見ていた、国と民が滅びゆく様を見ていた…そんな想像からゲーティアは誕生したのでしょう。それ故に誕生から大きな悲しみを背負っております。ここまで材料が出揃っていると「憐憫」の獣となるまでの経緯は想像すると僕らのような平和で中途半端な時間しか生きてない者にとっては中々に度し難いものがあります。

まあ話を始めに戻すとこういった原典への深い知識と解釈の仕方、そこからの発展のさせ方が本当に上手いんですよね。アルトリアが女の子だったというのもそうなんですが本当に上手い。SNではアーサー王を女の子にするところから様々な発想が始まっていると思いますが、今作はソロモンが機械的な王で、死後に人間になりたがったら?というIFを元にすべてが始まっているように感じますね。こういったIFの活かし方と理論立てが本当に真に迫っているというのがFateシリーズの面白さなのでしょうね。

 

またFate…宿命や運命といった意味でしょうか。アルトリアのブリテンの救済もしくは王の選定のやり直し、士郎とアーチャーもしくは切嗣の正義の味方などで過去作で示されてきたように今作ではマシュの限られた生命、ソロモンの王の責務とロマンの人理修復への義務感、ゲーティアの悲しみからの人理焼却などが今作のそれぞれのFateであるのでしょうね。そしてそれぞれのしがらみや義務への解答がなされ完結を迎える。正直言ってこれ以上となくFateらしいFateだったと思います。本当にありがとう奈須きのこありがとう武内社長ありがとうディライトワークス…いややっぱDWは少し反省してくれ…。

 

とまあ割りと雑でしたが感想こんなもんでしょうか。大分雑な気がするな…。他にもアマデウス仮面くんお前実は魔神柱(になる予定)だったんかいとかビーストⅣがフォウくんでまんまやんけというか死徒二十七祖第1位の「霊長の殺人者」でプライミッツ・マーダーってどういうことやねんまあ白い犬だしよくよく考えると伏線めいたものはそこかしこに転がってた気もするな…などなど様々に驚きもありましたがFGO最終章最高でした。第二部で来年もよろしくお願いします。

しかしここまでキャラ描き切っちゃうと次なるFateは一体何なんだ…。やっぱり新キャラ投入?するのかなあ…うーん楽しみだけど不安だ…。